トップページ > 電気の情報 > 電気の正しい使い方

電気の正しい使い方

電気は便利な反面、使い方を誤るとたいへん危険です。電気は正しく安全に使いましょう。 ※ご紹介している動画は、すべて独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の出典です。

こんな使い方していませんか?

  1. 1.コードを束ねたまま使用するのはやめましょう

    束ねたまま電気を使用すると、過熱するおそれがあります。

    電源コードで火災事故(NITE出典)

  2. 2.コードは踏みつけないようにしましょう

    コードが半断線となり、出火するおそれがあります

    電源コード断線による事故(こたつコード・机踏みつけ)(NITE出典)

  3. 3.たこ足配線はやめましょう

    接続された電気機器を同時に使った場合、電流が多く流れて電気火災の危険があります。

  4. 4.コンセントのプラグは定期的に掃除しましょう

    トラッキング現象により、火災の原因になることがあります。

    電源プラグのトラッキング現象(NITE出典)

    トラッキング現象とは、コンセントとプラグの刃の間に溜まったホコリが湿気を帯び、放電が起きてプラグが発火する現象です。
  5. 5.破損箇所は修理しましょう

    感電やショート(短絡)の原因になり危険です。

  6. 6.ぬれた手で電気器具に触らないようにしましょう

    ぬれていると、体に電気が通りやすくなり(感電しやすくなり)危険です。

  7. 7.プラグはしっかり差し込みましょう

    接続不良により過熱するおそれがあります。

  8. 8.コードはプラグを持って抜きましょう

    コードの部分を引っ張ると芯線が断線するおそれがあり、過熱する原因にもなります。

  9. 9.コードの固定はやめましょう

    コードを壁などに打ち付けると被覆がやぶれ、ショートなどにより火災が生じるおそれがあります。

  10. 10.コードのねじり接続はやめましょう

    接続不良により過熱して、火災に至るおそれがあります。

    エアコンから出火・火災

メインコンテンツに戻る