トップページ > サービス案内 > 広報サービス > キャンペーン・イベント活動

キャンペーン・イベント活動

電気使用安全月間(8月)

重点活動テーマ:電気はムダなく安全に使いましょう。自家用設備の電気事故は、適切な保守点検と計画的な更新で防ぎましょう。地震、雷、風水害などの自然災害にそなえ、電気の安全に努めましょう。

全国電気保安協会 統一ポスター 全国電気保安協会 統一ポスター

私たちの日常生活に不可欠な「電気」は、その使用方法を誤ると大変な事故につながります。8月は高温多湿となり感電しやすく、また、暑さによる疲労により注意力が散漫となり電気事故が発生しやすくなります。
「電気使用安全月間」では、毎年8月に経済産業省の主唱のもと、電気関係団体がさまざまな電気の安全運動を展開して、電気事故防止を呼びかけており、今年で36回目を迎えます。
当協会もこの月間中、電気使用安全をPRするため、近畿各地で一斉に街頭キャンペーンなどの活動を実施します。

電気の安全知識は、こちらでご紹介しています

先着でポスターの無料配布を行っています。

当協会の主な活動

街頭キャンペーン風景

  • テレビ、ラジオ、新聞、自治体広報誌、ポスターによる電気使用安全の呼びかけ
  • 街頭キャンペーンによるうちわ配布やイベントでの電気使用安全PR
  • 受講者の方々に合わせた電気講習会の実施
  • 一般ご家庭などの点検調査における不良設備改修促進
  • 高圧受電のお客さまへの電気事故防止の呼びかけ等

ふれあい月間(11月、12月)

協会は11~12月の2か月間を「ふれあい月間」と定め、さまざまな活動を行います。月間中は、お客さまおよび関係先を訪問し、日頃のご愛顧・ご協力への感謝と積極的な対話活動を推進し、電気保安を通じての貢献活動を展開しています。

  • 対話活動の推進
  • 各種講習会の実施
  • 地域社会への貢献

広報展示室

展示室の1例
展示室の1例

営業所に併設された広報展示室では、電気を安全で効率よくお使いいただくための情報提供を行っています。一部の展示室では、微弱電流によって電気が流れた状態を体感できる「感電体感装置」も設置しています。見学をご希望の方は、次のフォームからお申込みください。

メインコンテンツに戻る