One Mission. One Future. 関西電気保安協会

トップページ > 電気の情報 > 電気の基礎知識 > 災害時に気をつけること

災害時に気をつけること

災害時は火災や漏電など二次災害を防ぐため、電気器具の取り扱いに気をつけましょう。

電気は止めておきましょう

  • 使用中の電熱アイロン、ドライヤーなどは「切」の状態に。

    電力会社から送電が再開された場合、アイロンやドライヤーなどの器具は、不意に電源が入り火災に至るおそれがあります。
  • 水につかった電気器具は点検が必要。

    水害などで水につかった電気器具は、そのまま使用すると漏電などの原因となり危険です。電気店などに相談してから再使用してください。
  • 切れた電線などには、近づかないように。

    災害で倒れた電柱の機器や切れた電線には近づかないようご注意ください。
  • 家の外に避難するときは、ブレーカーを切る。

    身の回りの安全を確保してから家の外に避難するときは、漏電遮断器と安全ブレーカーを切っておきましょう。
メインコンテンツに戻る