災害時に気をつけること

災害時は火災や漏電など二次災害を防ぐため、電気器具の取り扱いに気をつけましょう。

災害時における電気の対処

  • 使用中の電熱アイロン、ドライヤーなどは「切」の状態に。

    電力会社から送電が再開された場合、アイロンやドライヤーなどの器具は、不意に電源が入り火災に至るおそれがあります。
    プラグをコンセントから抜くことを心がけましょう。

  • 水にぬれた電機製品は必ず点検しましょう。

    水害などで電気製品や配線類がぬれてしまった場合、漏電などの原因になるため、必ず電気工事店などで点検してください。

  • 切れた電線などには、近づかないように。

    災害などで切れた電線には触れたり、近づいたりせず、すぐ関西電力へ連絡してください。

  • 家の外に避難するときは、漏電ブレーカーを「切」にする。

    身の回りの安全を確保してから家の外に避難するときは、漏電ブレーカーを切っておきましょう。

閉じる