デマンド監視装置の警報が出たときの対処方法

事前の準備

  • デマンド警報発報時に対処する機器を決める

    デマンド監視装置を導入設置したら、どの電気機器を止めるか、どれを調整するかを決めておきましょう。どの電気機器を止めたら効果的かなど、詳しくは保安協会の担当技術員にご相談ください。

    デマンド監視システム警報発報時の対応方法 (例)
    デマンド警報発報時に対処する機器一覧 例
    ※対応一覧表は一例です。表の作成が義務づけられている訳ではありません。

    デマンド警報の設定は2段階あります

    第1段階:注意警報
    業務に支障なく取り組める電気機器の使用を抑制。
    第2段階:限界警報
    少し支障はあるが我慢できる範囲で電気を止める。
    警報の程度に応じて、対処方法を事前に決めておく必要があります。

    警報時の対処例

    第1段階:注意警報のとき

    空調機 空調器の温度設定を2℃上げる。
    夏 26℃→28℃ 冬 22℃→20℃
    照明
    • 人がいない部屋やスペースを消灯する。
    • あらかじめ決めた照明を消灯する。
    その他の機器 あらかじめ決めた電気機器を停止する。
    対処の優先順位(1~3番など)を決めておきます。

    第2段階:限界警報のとき

    空調機 冷房(暖房)から送風に切り替える。
    照明 あらかじめ決めた部屋の照明を消灯する。
    その他の機器 あらかじめ決めた電気機器を停止する。
    注意警報からの更なる対処として、優先順位(4~6番など)を決めておきます。

    限界警報が止まらないときの対処例(最悪のケース)

    空調機 空調機を停止する。
    照明 安全上(保安上)で問題ない照明を消灯する。
    その他の機器 停止しても生産に支障がない機器を止める。
    (どうしても止められない機器以外は、すべて止める)
  • 対応する機器のスイッチ付近に、取扱い方法を明示する

    スイッチ取扱い表示の例:例1 スイッチに色で切る順番を表示。 例2 空調機の操作盤に温度計と設定温度を表示。 スイッチ取扱い表示の例:例1 スイッチに色で切る順番を表示。 例2 空調機の操作盤に温度計と設定温度を表示。

  • スイッチを操作する担当者を複数人決めておく

    決まったら、

    • 注意の警報、限界の警報音、警告音声を聞いてもらう。
    • 警報の種別ごとに、操作方法を実際にしてもらい、操作になれてもらう。
    • 指示がなくても警報に気づいたら、すぐ操作するよう了解してもらう。

その後の対策

警報が1日に1回以上発報するなど頻繁に発報するときは、デマンド値を上げないためにも次の対策を行ってください

  • 費用が少なくてできる省エネを、速やかに実施する。
    省エネチェックがお済でないお客さまは、省エネチェックを実施させていただきます。
    当協会の担当技術員にご相談ください。
  • 取りあえず費用が少なくて済む対策を実施してください。費用のかかるものは、費用対効果を確認して実施する。
  • ピークが出る時間帯(警報がよく発報する時間帯)に使用している電気機器の使用を、その他の時間帯へ移動できないか検討する。
  • ピークが出る時間帯(警報がよく発報する時間帯)に行っている社内行事(会議など)は、その他時間に変更する。
  • 空調機の自動制御の導入を検討する。
    当協会の担当技術員にご相談ください。導入の条件や費用を説明させていただきます。
  • 希望するデマンド値を上げない範囲内で、警報の設定値を見直す。
サービス
閉じる